LoLo Cinema

ろろシネマ-映画深読み考察ブログ-

Netflixで見られるインド映画『ザ・ホワイトタイガー』ネタバレあり感想

f:id:lolocinema:20210605201215j:plain

一瞬も目が離せないような、すごい映画でした!
アカデミー賞ノミネートも納得すぎます!

 

ネタバレありでレビューしていきますが、ネタバレ前に警告入れております。
すでにご覧になった方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

www.youtube.com

 

あらすじ

インドの貧しい村で生まれ育ったバルラムは、裕福な一家の運転手として働くことに。持ち前のずる賢さで主人の信頼を得るバルラムだったが、ある事件をきっかけに、これまでの奴隷のような人生から抜け出すことを決意する。

出典:

ザ・ホワイトタイガー : 作品情報 - 映画.com

 

印象に残ったこと

個人的にすごく印象に残ったのは、貧困から抜け出せない仕組み。

 富裕層の使用人たちは、主人からお金を預かっておつかいに行くようなことは多いんですね。そんなとき、ちょっとお金多めにもらって貯めていくとか、できそうなもんじゃないですか?でも、なぜそれができないのか?(倫理的な問題はさておき…)

 

それは、使用人たちの身元は主人たちに知られていて、着服とかなにか粗相があろうものなら、家族たちが犠牲になるらしいんですね…。

 

怖い…。

 

だから、観光客とかは身元知らないからボレる!!って思うのかもしれないですね…。

 

全体として、主人が使用人に見せる「アメとムチ」な様子が、なかなか怖かったです。主人公のバルラムは、それをしたたかに切り抜けて行くんですけど、それでも、ある種の忠誠心や憧れと受け取れる部分もあり、複雑な気持ちを抱えたまま、物語はノンストップでクライマックスに向かっていく、という感じでした。

 

ここからネタバレあり!

作品の系統としてはピカレスクロマン(悪漢小説)」というジャンルになるのかな、と思います。

私、そもそも、このジャンルの話がすごく好きなんですよね。

 

今回のバルラムも主人公ですが、純粋なヒーローではない。

とはいえ、社会の弱者でもあり、彼の悪事は、彼自身の欲求だけでなく、社会的背景に根ざしていることもしっかりと描かれている。

 

だから、見る側は、めちゃくちゃ複雑な気持ちになって、自分の中の善悪や、当たり前がひっくり返されるような感覚になるんですね。

 

今作品では、バルラムは悪事を働きながらも生き残り、成功を収めます。

 

個人的には、それが小気味よく、カッコいいと思ってしまいました。
まさに、ダークヒーローという感じです。

 

しかも、自分が成り上がるきっかけになった運転手という仕事をシステム化して、従業員にとって働きやすいものにしています。

 

自分が濡れ衣を着せられた人身事故に対する対策も講じています。

まぁ物語のラストの時点では、というところですが、自分だけではなく、社会を良くする方に持っていっているのが印象的でした。

 

単純にバルラムをカッコいいと思うことに罪悪感を感じながらも、やっぱり日本もどんどん不安定な社会になっているし、まだインドほどではないかもしれませんが、貧富の差が開いていっている実感もあるので、バルラムに感情移入してしまうのかもしれません。

 

似ている映画としては、バルラムと主人であるアショクの関係性は『太陽がいっぱい』っぽいとも言われていますね。

 

アメリカで学生生活を送ったアショクは、高圧的な富裕層ではなく、人権意識も備えた好人物として描かれています。バルラムも時には本当に彼を敬愛しているんですが、しかし当然「なぜ、こんなに違うんだ…」という気持ちも芽生えますよね。

 

他に似ている映画としては『パラサイト 半地下の住人』も挙げられます。
社会格差を描いたサスペンスという基本構成も似てますが、もともと働いていた運転手を陥れ、後釜に収まる点も似てますね。
こちらでは、もとの第一運転手は罪を着せられたわけではなく、ムスリムであるというだけで、職を追われており、宗教間の対立も示すものになってます。

 

ちなみに、アショクの車は三菱のパジェロで、インドではカッコいい車として扱われているようで、うれしくなってしまいました(笑)

 

パジェロって今はもう日本国内では販売終了してるんですね…。

私たちが小さい頃、パジェロって、たしか「新婚さんいらっしゃい」かなんか、TV番組のプレゼントで憧れの車みたいな感じじゃなかったですか?

 

日本で、今、四輪駆動車っていう時代でもない気もしますもんね…。でも、インドでは、まだまだ現役ということですね。やっぱり、それだけインドは今、馬力があるということでしょうか。そんなところでも、時代の移り変わりを感じてしまうのでした。

 

コメント、シェアなど大歓迎です!

お気軽にどうぞ!!